相模原市緑区・橋本公園の駐車場やイベント情報!聖火リレーセレブレーション会場・2020年6月30日

オリンピック
スポンサーリンク

2020年東京オリンピックの聖火リレーのコースが発表されました。

神奈川県6月29日(月)箱根町からスタートし、7月1日(水)横浜市まで、3日かけて各市町を聖火リレーが通過していきます。

 

1日目、6月29日に箱根町をスタートし、伊勢原市、小田原市、大磯町、平塚市、茅ケ崎市、藤沢市。

2日目、6月30日は三浦市、横須賀市、鎌倉市、海老名市、厚木市、相模原市。

3日目、7月1日には川崎市、横浜市、最終地点は横浜赤レンガ倉庫まで。

神奈川県内15市町を回ります。

 

次はいつ見られるかわからないオリンピックの聖火リレー。

もちろん自分でも見たいですし、めったいにないこの機会。

子供にも見せてあげたいですよね!

そして各日の最終地点で、聖火到着を祝うイベントであるセレブレーションが行われるのはご存知でしたか?

 

1日目は藤沢市辻堂・神台公園(かんだいこうえん)

2日目は相模原市緑区・橋本公園。

3日目は横浜赤レンガ倉庫。

 

今回は2日目、6月30日に聖火リレーセレブレーションが行われる、相模原市緑区・橋本公園がどんな公園なのか、子供連れでも行けるのか、調査してみました!

 

 

 

スポンサーリンク

相模原市緑区・橋本公園ってどんな公園?

 

相模原市緑区役所の近くにあり、周囲に高層マンションがそびえているような街中にある近隣公園です。

 

広場と遊具は?

広々としていて、半分が芝生広場、半分が砂地の多目的広場になっています。

遊具はありません。

遊具がない分、追いかけっこなどで思う存分走り回ることができますし、ボール遊びや自転車の練習もしやすいと思います!

芝生広場ではお弁当を広げてピクニックをすることもできますね。

平坦なのでベビーカーでの移動もしやすく、芝生もあるのでよちよち歩きの赤ちゃん連れでも行きやすいと思います。

 

広々とした広場の敷地を利用してさまざまなイベントがさかんに行われています。

イベントの幅が広くてとても賑やかそう(*^^*)

次はなんのイベントが開催されるか、楽しみでもありますね!

たくさんの人が集う人気の公園です。

 

その他のポイント!

ベンチも設置してあるので、水分休憩やおやつ休憩もしやすいですね。

公園自体が平坦で複雑なつくりではないので、子供への目を配りやすいのも親としてはポイントが高いです!

トイレもあるようなのですが、公園の公衆トイレなのでそれ相応のトイレかなと思います。

 

河津桜が有名!

聖火リレーが通る頃も季節がはずれてしまっていて残念ですが、橋本公園は河津桜がきれいで有名なんだそうです!

聖火リレー前、下見がてらお花見をしてみるのも良いかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

橋本公園へのアクセス方法

橋本公園


徒歩の場合

横浜線橋本駅(南口)から徒歩15分前後

 

★バスの場合

緑区合同庁舎前(旧「西橋本二丁目」)下車。

 

★車の場合

専用駐車場はないので、近隣のコインパーキングに停める形になります。

 

スポンサーリンク

東京オリンピック 聖火リレーセレブレーション会場・相模原市橋本公園って??まとめ

今回は2020年6月30日に行われる聖火リレーセレブレーション会場となる、相模原市緑区・橋本公園についてまとめました!

オリンピック聖火リレーのセレブレーションが、ごく普通の街中の近隣公園で行われることに少し驚きました。

ですが橋本公園は、遊具のなく平坦で広々としているので、イベントは行いやすいと思います。

現に多種多様なイベントが日々行われていることから、セレブレーション会場にはうってつけですね。

一般の方がこのセレブレーションに参加できるのか、現段階ではわかりませんが遠目から見ることくらいはできるかな…??

せっかく身近な地域で行われるのだから、見てみたいですよね!

 

オリンピック
スポンサーリンク
【はこぺと!!】

コメント