極主夫道 娘は龍の実の娘?名前や年齢は?原作との違いにSNSがざわついた!

スポンサーリンク

本日10月11日(日)から始まった、ドラマ『極主夫道』。

原作とは違う設定があると、SNSで話題になっています。

 

それは、主人公に娘がいる!!

 

え?あれ?娘いたっけ?

 

龍の実の娘?

 

謎だらけですね??

今回は、ドラマ・極主夫道の娘について調査してみましょう!

 

 

スポンサーリンク

極主夫道 娘の名前や年齢は?

 

名前は、向日葵(ひまわり)ちゃん。

黒田向日葵ちゃんですね。

 

年齢は見た目からすると、小学校3年生くらいでしょうか?

そうなると年齢は、9歳前後ということになります。

 

スポンサーリンク

娘は龍の実の娘?

原作上の美久と龍の出会いの時期的に、9歳くらいの子供がいるのはあり得ないのですが、色々設定を変えているドラマだとわかりませんね。

 

可能性としては3つ。

 

・2人の子供

・美久の子供(シングルで産んでいたかバツ1)

・2人の子供ではなく事情があって引き取っている

 

向日葵ちゃんが龍のことを龍、美久のことをママと呼んでいるので、美久の子供ではあるけど龍の子供ではないのでしょうか??

今後ドラマ内で向日葵ちゃんの秘密が明かされるのを待ちましょう。

 

 

最後の最後で、「血は繋がっていないけど」と龍が言っていましたね。

ということは龍とは血のつながりがないということが判明しました。

2人の子ども説は消えましたね。

 

スポンサーリンク

娘の出現にSNSがざわついた!

原作ではいないはずの娘・向日葵ちゃんの存在に、ドラマ放送開始直後からSNSがざわついています!

 

 

 

原作好きな人にはオリジナル要素を加えられるのが許せない人もいますが、気持ちはわかります。

娘役の子は可愛いので見ていて和みますが、設定に何故加えたのか、????ですよね。

 

 

スポンサーリンク

極主夫道の娘 まとめ

今回は、ドラマ『極主夫道』の娘について調査してみました。

向日葵ちゃんという小学校3年生前後の、原作にはいない娘ちゃんがでてきたことでSNS上ではざわつきを見せています。

今のところ、特に娘の向日葵ちゃんについて触れられていませんが、気になってドラマを観続けさせるという制作者側の意図もあるのかもしれません…。

その前に原作至上主義の人は脱落してしまうかもしれませんが。。。。

 

「血が繋がっていなくても」という龍のセリフから、向日葵ちゃんが龍とは血がつながっていないことが判明しました。

美久とは血が繋がっているのかな?

やっぱりシングルで産んだのか?バツ1か?

これから明かされていくことでしょう。

テレビ
スポンサーリンク
猫のしっぽに殴られたい