大島真寿美 直木賞作家経歴や出身校、結婚を調査!受賞作の評判は?

トレンド
スポンサーリンク

第161回直木賞受賞作品が発表され、大島真寿美さんの「渦 妹背山女庭訓 魂結び」が受賞しました。

パッとは読めない難しい題名の小説ですね…。

妹背山女庭訓はいもせやまおんなていきん、魂結びはたまむすびと読むようです。

妹背山女庭訓とは、人形浄瑠璃、歌舞伎の演目の一つだそうです。

今回は、第161回直木賞を受賞した大島真寿美さんの経歴や出身校、結婚しているか、受賞作の評判などを調査しました。

 

 

スポンサーリンク

大島真寿美の経歴は?【直木賞受賞】

朝日新聞 映像報道部 on Twitter
“ #芥川賞 に今村夏子さん(写真右)の「むらさきのスカートの女 」、 #直木賞 に大島真寿美さん(同左)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」が選ばれました。(達)#今村夏子 #大島真寿美 #むらさきのスカートの女 #渦妹背山婦女庭訓魂結び”

大島真寿美さんは、1962年9月19日生まれの56歳、愛知県名古屋市出身です。

高校在学中より脚本の執筆活動を開始し、1985年から劇団「垂直分布」で脚本・演出を担当していましたが1992年に解散。

小説家へ転身しその後、1992年「春の手品師」で第74回文學新人賞を受賞し、「宙の家」がすばる文学賞最終候補となりました。

2012年「ピエタ」で第9回本屋大賞第3位になると、2014年「あなたの本当の人生は」で第152回直木賞三十五賞候補に。

そして今回、2019年「渦 妹背山女庭訓 魂結び」で第161回直木賞を見事受賞されました。

「渦 妹背山女庭訓 魂結び」は大島真寿美さん初挑戦の時代小説だったそうです!

 

大島真寿美さんの直木賞受賞作品「渦 妹背山女庭訓 魂結び」はこちらから購入できます↓

 

 

大島真寿美さんの出身校はどこ?【直木賞受賞】

大島真寿美さんは、愛知県県立昭和高等学校を卒業後、南山短期大学人間関係学科に進学、卒業されています。

2011年に南山大学短期学部に改称され、現在は南山大学名古屋キャンパス内に移転しています。

2017年には、南山大学に国際教養学部が新設されるのに伴い学生募集を停止したそうです。

 

大島真寿美さんは結婚している?【直木賞受賞】

大島真寿美さんは結婚しているかについて調べてみたのですが、情報が全く出てきませんでした。

結婚していて子供もいるけど非公開にしているのか、未婚なのかどちらかだと思うので、新しい情報がわかり次第追記していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

大島真寿美 直木賞受賞作「渦 妹背山女庭訓 魂結び」の評判は?

浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いており、著者の長年のテーマ「物語はどこから生まれてくるのか」が、義太夫の如き「語り」にのって、見事に結晶した長編小説。

 

世間の反応をチェック!

はな on Twitter
“大島真寿美さんの小説は、「やがて目覚めない朝が来る」がおススメです。”

 

大島真寿美さんは「ピエタ」が評判良いですね。

 

 

「チョコリエッタ」は菅田将暉さん出演で映画化もされています。

 

 

 

「ビターシュガー」はテレビドラマ化しています。

 

 

 

「渦 妹背山女庭訓 魂結び」はまだ読んでいる人が少ないようですが、直木賞受賞ということで大きな話題になったので、これから読む人がどんどん増えますね!

また読んだ方の反応をチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

大島真寿美 直木賞受賞作家経歴や出身校、結婚を調査!受賞作の評判は?まとめ

第161回直木賞を受賞した大島真寿美さんについてまとめてみました。

「渦 妹背山女庭訓 魂結び」は大島さん初の時代小説だそうです。

初めての挑戦で見事直木賞という大きな賞を受賞されたのですね!

大島さんの作品はいくつかメディア化もされていますし、時代小説という新ジャンル開拓でこれからの活躍がますます楽しみですね!

 

トレンド
スポンサーリンク
【はこぺと!!】

コメント