台風19号で多摩川と鶴見川氾濫の可能性は?現在の水位はどれくらい?

気になる
スポンサーリンク

大型の台風19号接近に伴い、危険水位を超える可能性の高い河川が増えてきています。

川崎市を流れる多摩川、町田市から横浜市にかけて流れている鶴見川も、危険水位を超え氾濫する可能性があるとの情報が出てきました。

先ほどからスマホの緊急速報が鳴っていますが、多摩川・鶴見川近辺に住んでいる住民には避難勧告が出ています。

多摩川・鶴見川共に、現在の水位はどうなっているのでしょうか。

現在の水位や状況をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

台風19号による現在の河川氾濫情報!

 

多摩川も鶴見川も氾濫危険水位超えてきてますね…。

これは真剣に氾濫することも視野に入れなくてはならないかもしれません。

 

スポンサーリンク

多摩川氾濫の可能性と現在の水位は?

多摩川は、全長138㎞の東京湾に流れ込む一級河川です。

山梨県・東京都・神奈川県を流れており、多摩川と呼ばれているのは奥多摩湖の出口・小河内ダムより下流。

今回の台風19号の影響により、小河内ダムの貯水量同増加を防ぐために11日14時から放流量を増加。

それにより多摩川河川の水位が上昇する恐れがあるとのことでしたが、現在多摩川は氾濫危険水位を超え、多摩川に面した地域の住民には避難勧告は発令されています。

 

 

現在多摩川は河川氾濫警戒レベル4です。

これから益々水位が上昇すると思われますので、早めの避難を心がけてください!

 

多摩川の様子

 

普段では野球やサッカーが行われているグラウンドがもう見えませんね…。

 

 

スポンサーリンク

鶴見川氾濫の可能性と現在の水位は?

鶴見川は、全長42.5㎞の一級河川。

東京都町田市上小山田町を源流とし、神奈川県横浜市鶴見区の河口から東京湾に流れ出ます。

現在鶴見川は氾濫危険水位を超えており、警戒レベル3になっています。

 

 

鶴見川の様子

 

こんな気になるツイートを発見しました!

 

鶴見川多目的隆水地

鶴見川には洪水に備えて「鶴見川多目的流水地」というものがあり、鶴見川と鳥山川が合流する横浜市港北区小机・鳥山地先にあります。

 

▶遊水地のしくみ◀

1・洪水で川があふれそうになった時、洪水を一段低い越流堤から遊水地に流し込む。

2・洪水を遊水地に、一時溜め込む。

3・河川の水位が下がった時点で排水門を使って少しずつ川に流していく。

洪水によって溢れそうになる鶴見川の水を一時的に溜め混む場所ですね。

そんなものがあったなんて知りませんでした!

 

 

すでに流水を開始しているようですね!

 

 

この遊水地への流水でなんとか氾濫を抑えられれば良いのですが…。

 

スポンサーリンク

台風19号で多摩川と鶴見川氾濫の可能性は?現在の水位はどれくらい?まとめ

多摩川、鶴見川共に現在も水位が上昇している状況です。

河川の状況が気になるかとは思いますが、川の様子を見に行ったりはせず速やかに避難するようにしてください。

 

気になる
スポンサーリンク
【はこぺと!!】

コメント