きのう何食べた?551蓬莱豚まんの簡単で美味しい食べ方と通販方法は⁉

テレビ
スポンサーリンク

実写化ドラマも絶賛放送中のよしながふみさん原作マンガ『きのう何食べた?』で、シロさんが勤めている法律事務所の女所長「大先生」がよく食べている『551蓬莱』の豚まん。

原作を読みながらものすごーく気になっていたのですが、作中で大阪名物と出ているし、神奈川県在住の私は大阪に行く機会も滅多にないのでほとんどあきらめ状態でした。

しかし今回大阪ならず神戸に行く機会があり、偶然にもお土産屋さんで発見。

衝動的にこの豚まんを買ってしまったのです!!

なので早速、作中で大先生が紹介していた「蒸し器を使わなくてもレンジで美味しい」豚まんの蒸し方を実践してみました!

 

スポンサーリンク

きのう何食べた?豚まんの美味しいふかし方

さて、いよいよ実践です!

 

用紙するもの

  • 551蓬莱豚まん1つ
  • ある程度の深さがあるお皿
  • 割りばし2本(普通のお箸でも代用可能のようですが、とても熱くなってしまうので注意が必要です)
  • 水50㏄
  • キッチンペーパー
  • ラップ

 

 

①ある程度深さのあるお皿に水50㏄を入れて、割りばし2本置く。

 

 

②その上に豚まんをのせ、

 

 

③湿らせたキッチンペーパー、ラップをする。

 

 

④レンジで1分半チンする。

 

 

これだけ。

簡単ー!!

そして本当に美味しい!!!

ふかふか!

 

実際問題、蒸し器で手間をかけたほうがよりおいしいとは思いますが、そんなに差異はないですし、我が家には蒸し器がない&私が極度のめんどくさがりなので、蒸し器を使わなくても美味しく蒸せるというのはとてもありがたいのです。

 

551蓬莱さんの公式HPにもこの蒸し方が載っていましたが、水の分量までは記載していなかったので(少量の水と記載)、この大先生の水分量がわかりやすくて良いですね。

 

我が家もそうでしたが、実際やってみた方の中にも、温め時間が1分半じゃ足りないという方も見受けられたので、ご自宅のレンジで調節しながらやってみてください!(我が家は2分間必要でした)

ただしやりすぎると皮が固くなって美味しさが減ってしまうので、30秒とか少しづつ調節してみてくださいね!

ちなみに我が家の電子レンジをは購入から10年以上経っているので、最近温め時間を長めに取らないと温まらなくなってきたような気がしています…。

 

 

 

 

スポンサーリンク

きのう何食べた?551蓬莱豚まんの通販はあるの!?

大阪名物として有名な「551蓬莱の豚まん」。

食べたい!と思っても、関西在住ではない限り手に入れるのはなかなか難しいですよね。

551蓬莱ではスーパーや冷凍商品での販売、楽天市場への出店はしていないとのことなので、通販では手に入らないんだろうなぁと期待せず調べてみたところ…

なんと公式HPからお取り寄せが出来るみたいです!!

嬉しい!

 

  • 2個入り・380円
  • 4個入り・760円
  • 6個入り・1140円
  • 10個入り・1900円

 

送料は各地域によって金額が異なり、配送不可能地域も中にはあるようなので、注文前に必ず確認してくださいね!

 

 

ちなみに大阪では「肉まん」「中華まん」とは言わずに「豚まん」と呼ぶのですが、その理由として大阪は牛肉文化の為、単純に肉というと「牛肉」を指すんですって。

なのであえて豚まんと呼ぶことで、豚肉ということをめいっぱい主張しているんだそうです^^

私は生まれも育ちも関東なので(むしろ神奈川から出たことがない…)肉まんのほうが馴染みがあり、たまに聞く豚まんと肉まんの違いってなんだろうと思っていましたが、地域差だったんですね!

 

スポンサーリンク

きのう何食べた?551蓬莱豚まんまとめ

今回はマンガ「きのう何食べた?」にのっていた『551蓬莱豚まん』の「蒸し器を使わなくてもレンジで美味しい蒸し方」を実践してみました。

やっぱり簡単でおいしいのは良いですよね!

このやり方は551蓬莱豚まんに限らず、どのメーカーの肉まんにも使える方法だと思うので、今年の冬(まだまだ先ですが…)は大活躍間違いなし!

肉まんが食卓に並ぶ頻度も増えちゃいそうです^^

ただし、冷凍の肉まんの場合は少し温め時間が長めに必要かもしれませんね。

 

最近「きのう何食べた?」がバイブル化してきましたよ☆

簡単に作れるレシピや、こうやって日常で使えることがたくさん書かれているので、主婦の私には本当にお役立ちマンガです。

シロさんなんて私より主婦力高いですからね(笑)

レシピ集もまだ買えていませんが欲しい!

これからも「きのう何食べた?」マンガもドラマも注目していきたいと思います!