富山の黒とろろ昆布レシピや通販は?おにぎりやお好み焼きにも!?(所JAPAN・9/2放送)

テレビ
スポンサーリンク

昆布消費量が日本一を誇る富山県でしか食べられない「黒とろ」という食ベ物知っていますか??

9月2日(月)放送の『新説!所JAPAN』では、昆布の町富山県について放送されます。

富山県では、ありとあらゆる家庭料理で昆布が使われているそうなんです!

煮物や出汁くらいしか思いつかないのですが、一体どんな料理に使うんでしょうか!?

今回は富山県でしか食べられない「黒とろろ昆布」がどんなレシピで使われているのか調査してみましょう!

 

スポンサーリンク

富山県は昆布消費量日本一!では生産量は??

昆布の消費量が日本一を誇る富山県ですが、実は富山県では昆布は採れないのです。

では何故、昆布の採れない富山県が昆布の消費量日本一を誇っているか。

その理由は、昆布の国内生産量9割の北海道・羅臼との関係にあるそうです。

江戸時代、北海道~日本海沿岸、瀬戸内海~大阪をめぐる「北前船」の寄港地の一つが富山県だったこと。

明治時代、富山県から北海道羅臼町に開拓民として移住した者の7割が、富山県黒部市の出身者。

そのほとんどが昆布を始めとする漁業に従事したそうです。

移住した人々が故郷の家族や親戚に羅臼の昆布を送ったことがきっかけで、富山に昆布が根付いたと言っても過言ではないのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

富山県の黒とろろ昆布とは??

一般的にとろろ昆布というと「白とろろ」のことを指します。

なんと「黒とろろ」は富山県でしか食べられていないそうなのです。

 

 

やっぱり色が違いますね!

そもそも「白とろろ」と「黒とろろ」の違いは、使用する昆布の厚さ

 

  • 肉厚の昆布の側面を削ると「白とろろ」
  • 薄い昆布の側面を削ると「黒とろろ」

 

削る箇所によって昆布の出来上がりが違い、「黒おぼろ」は昆布の表面を削ったものなんだそうです。

 

 

そして黒とろろに使われるのは、利尻、羅臼、真昆布の3種類の1年前のうすい昆布

この3種類を使う理由は、食感とクセのない旨味を求めるためです。

昆布は収穫後、

天日干し→夜露にあてる→番屋で寝かせる→天日干し

の順で仕上げられます。

これを酢漬けしてからプレス、最も柔らかい昆布の「耳」の部分だけを削ると、黒とろろの完成です。

 

スポンサーリンク

富山県の黒とろろ昆布のレシピは??おにぎりやお好み焼きにも!?

実際に黒とろろ昆布がどういう料理に使われているのか、調査してみましょう!

 

①おにぎり

黒とろろ昆布を海苔の代わりに巻いた「黒とろろ昆布おにぎり」は富山県のメジャーフードのようで、コンビニでも購入できるとか!

作り方は至って簡単。

普通のおにぎりを作る容量で作ればOK!

ただしあまり強く握ると、とろろ昆布のふわふわ感が損なわれてしまうので、力加減にだけは気を付けましょう!

 

 

②on theご飯

単純にご飯に乗っけるだけでもおいしそうですね!

 

 

③うどんやそうめんなどの麺類

 

 

つけ麺も有りなんですね!!

 

 

④酢の物

 

 

⑤お好み焼き

黒とろろ昆布を生地に混ぜるのではなく、お好み焼きの上に乗せるんですね!

 

 

やはりおにぎりやご飯系がポピュラーなんですかね。

どれも美味しそうですが、お好み焼きが食べてみたいですね~!!

お味噌汁に入れても絶対美味しい( *´艸`)

 

スポンサーリンク

富山県の黒とろろ昆布 通販はできる??

実際のレシピをみると食べてみたくなりますね!

でも富山まで買いには行けないし…。

というわけで、黒とろろ昆布の通販が出来るのか調査してみましょう!

 

↑こちらから購入できますので、富山県でしか食べられていない「黒とろろ昆布」を味わってみてはいかがでしょうか!?
私も買ってみようかな(^^)
白昆布と食べ比べしてみたいです!
スポンサーリンク

富山の黒とろろ昆布レシピや通販は?おにぎりやお好み焼きにも!?(所JAPAN・9/2放送)

今回は富山県でしか食べられていないという、黒とろろ昆布のレシピや通販を調査してみました!

自県では採れないにも関わらず、消費量が日本一って凄いですよね!

黒とろろ昆布という、自県ならではの食べ物を作ってしまう所に富山の昆布愛をめっちゃ感じます!

おにぎりもお好み焼きもおうどんも、どれもおいしそうだったので、真面目に購入を検討しています!

この機会に是非、黒とろろ昆布を味わってみてはいかがでしょうか!?

テレビ
スポンサーリンク
【はこぺと!!】

コメント