『令和』万葉集から出典された新元号の意味や由来、国民の反応を調べてみた!

トレンド
スポンサーリンク

本日2019年4月1日、新元号が発表になりましたね。

新元号は、『令和(れいわ)

令和。

今日初めて聞いたばかりなので、やはりまだ馴染みがありませんね。

2019年5月1日からこの令和元年になるわけですが、この令和、意味や由来はなんなんでしょう。

国民の反応も気になりますよね!

というわけで、意味や由来を調べてみました!

 

スポンサーリンク

『令和』新元号の意味・由来

248番目の元号である『令和』
人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。

「令和」の出典は『万葉集』巻五の「梅花謌卅二首并序(梅花の歌 三十二首、并せて序)」にある一文だそうです。

なんでも、日本の古典から出典されるのは、この令和が初めてなんだとか!

日本の元号なので、日本の古典から出典されたと聞くとなんだか愛着沸きますね。

 

スポンサーリンク

気になる国民の反応は?

 

字面や響きがきれいだと感じている方が多い印象でした。

『令和』確かに凛とした雰囲気がありますね。

 

スポンサーリンク

令和・まとめ

2019年4月1日、新元号が『令和(れいわ)』であると発表されました。

2019年5月1日に平成から『令和』に変わります。

248番目の元号である『令和』は日本の古典である万葉集の一文から出典されており、日本古典から出展された元号は確認出来る限りではこの『令和』が

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味を込めたと、記者会見で安倍総理が説明していたそうです。

本当に、その願い通り素敵な『令和』の時代になると良いですよね!

 

トレンド
スポンサーリンク
【はこぺと!!】

コメント