宮崎宣子アナが離婚していた⁉離婚理由や旦那の性格は⁉どんな人だったのかを調査!

スポンサーリンク

元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍している宮崎宣子アナ。

おバカキャラで一躍人気アナウンサーとなった宮崎アナは、2011年12月24日に結婚、その後2012年3月に日本テレビを退社。

レコード会社勤務の男性との幸せな結婚から2年半後の2014年9月5日、なんと離婚してしまいました。

とても短い結婚生活ですが、離婚の理由はなんだったのでしょうか!?

また、元旦那さんはどんな人だったのでしょうか?

調査してみましょう!

 

スポンサーリンク

宮崎宣子アナの離婚理由はなんだった!?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

nobuko.miyazakiさん(@miyazaki_nobuko)がシェアした投稿


一般的な離婚理由としてあげられるのは、性格の不一致や不倫、DVなどがありますが、宮崎アナの場合も性格の不一致が当てはまるのかなと思いました。

宮崎アナは大らかで天真爛漫なおバカキャラの反面、恋愛ではとても一途で尽くすタイプ。

レコード会社勤務の旦那さんはとても多忙で、帰宅時間が深夜や明け方になることもあったそうです。

そんな多忙を極めている旦那さんに良い妻と思われるよう、完璧に家事をこなし、更には着替えをさせたり、お弁当を毎日作って持たせたり、野菜ジュースなど栄養やバランスの取れた豪華な食事を作ったりと、とにかく過剰なまでに尽くしてしまっていたようです。

旦那さんのことを思っての行動が過剰過ぎて、逆に旦那さんを疲れさせてしまう原因になっていったのかもしれません。

宮崎アナの献身的な尽くしに対し旦那さんからの見返りは特になく、夫婦の時間は減っていったのだそう。

宮崎アナが頑張れば頑張るほど関係は悪化し、自然体の家庭を築きたかった旦那さんとの修復は難しくなっていきました。

そしてついに、2011年12月24日の入籍からわずか2年半後の2014年9月5日離婚。

宮崎アナからの申し出だったそうです。

 

過剰なまでに尽くしたい宮崎アナと、自然体の家庭を築きたかった旦那さん。

これは完全な性格の不一致ですね。

宮崎アナはもう少し力を抜いても良かったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

宮崎宣子アナの元・旦那はどんな人?性格は?

宮崎アナの元旦那さんについて色々と調べてみたのですが一般の方のようで、

  • 大手レコード会社勤務のサラリーマン(エイベックス?)
  • 宮崎アナの一つ年上

という情報しか見つけられませんでした。

 

交際期間は1年未満、結婚も離婚も宮崎アナから切り出したんだそう。

もしかしたら受け身で優しい性格の方なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

宮崎宣子アナのプロフィール!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

nobuko.miyazakiさん(@miyazaki_nobuko)がシェアした投稿


宮崎宣子(みやざきのぶこ)

1979年9月4日生まれの39歳。

宮崎県宮崎市出身。

趣味はゴルフ。

早稲田大学第一文学部卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。

おバカキャラとして人気を博し、バラエティー番組を中心に数々の番組で活躍。

2012年3月に日本テレビを退社し、現在はプロダクション尾木所属のフリーアナウンサーです。

なおフリーアナウンサーとして活躍する傍ら、スパイス&ハーブマイスター、紅茶シニアコーディネーター、オーガニック料理ソムリエなどの資格を取得。

そ「薬に頼らずに健康を取り戻せる世の中にしていきたい」という思いから、純国産オーガニックハーブのブランド「EMARA」を設立。

実業家デビューもしています。

 

スポンサーリンク

宮崎宣子アナが離婚していた⁉離婚理由や旦那の性格は⁉どんな人だったのかを調査!まとめ

元日テレアナウンサー、宮崎宣子アナについて調査しました!

 

  • 離婚理由は、過剰なまでに尽くし過ぎた宮崎アナと自然な家庭を築きたかった元旦那さんとの「性格の不一致」
  • 元旦那さんはレコード会社に勤めるサラリーマンで一般人。宮崎アナの一つ年上
  • 結婚生活は2年半(2011年12月24日~2014年9月5日)
  • 結婚も離婚も宮崎アナから切り出している

 

宮崎アナのお誕生日(9月4日)の次の日に離婚(9月5日)したんですね。

なんだか物悲しい気持ちになってしまいます。

ですが、フリーアナウンサーとして活躍する傍ら、実業家としてもデビューした宮崎アナはこれからどんどん活躍していくことでしょう!!

宮崎アナにはこれからも注目ですね!

 

 

テレビ
スポンサーリンク
【はこぺと!!】

コメント