日向坂って場所はどこ?ひらがなけやきが電撃改名したワケとは?

スポンサーリンク

2019年2月11日、欅坂46の妹グループである、けやき坂46(ひらがなけやき)が『日向坂46』に改名することが発表されましたね。

この電撃改名にファンの方々はさぞ驚いたことだと思いますが、なぜ今この時期に改名されたのでしょうか。

そして名前の『日向坂』、由来は一体なんなんでしょう。

乃木坂やけやき坂は実在しますが、日向坂は実在するのでしょか。

気になることがたくさんですね。

今回は日向坂46について調べてみました!

 

スポンサーリンク

日向坂の場所は?

東京都港区三田に『日向坂』という坂道があります。

ただし、『ひなたざか』とは読まず『ひゅうがざか』というそうです。

 

東京メトロ、都営地下鉄「麻布十番」駅から徒歩7分

もうすでに足を運んでいる人もいるそうで、新しい聖地として盛り上がりそうですね!

 

スポンサーリンク

日向坂46改名理由とは?

会員限定サービス「show room」にて電撃改名が生配信されました。

メンバーにも知らされていなかったようで、みんなとても驚いているのが印象的でした。

改名理由としては、欅坂46とごっちゃになってしまい、区別化を図る為なのでは?という憶測が出ています。

実際ひらがなけやきのメンバーも「ずっと『ひらがなけやき』のままでいいのかな、っていう悩みは、メンバー間でありました」という思いを吐露する場面もあります。

また、総合プロデューサーである秋元康さんの中では「実在する坂名をつけたい」という思いがあったそうです。

ではなぜ実在する「日向坂(ひゅうがざか)」ではなく、あえて「ひなたざか」と読ませたのか。

それはひらがな表記の画数が運勢的に良かったから。

なるほど!

満を持してデビューするのに、運勢は良いほうがいいに決まってますもんね!

 

日向坂46のイメージカラーは空色

空高く跳べるように」という願いも込められているそうです。

 

スポンサーリンク

日向坂46まとめ

2015年11月30日、「欅って、書けない?」の番組内で、長濱ねるちゃんという新メンバー加入と同時に、欅坂46妹分グループ、けやき坂46(ひらがなけやき)で活動することが発表されたことから始まったけやき坂46(ひらがなけやき)

 

・2019年2月11日、けやき坂46(ひらがなけやき)から日向坂46に改名

・日向坂は「ひゅうがざか」という地名が東京都港区にあり、そこから名付けられた

・「ひゅうがざか」ではなく「ひなたざか」と読む理由フは、ひらがな表記した際に「ひなたざか」のほうが運勢的に良かったから

・改名理由は、欅坂46とも区別化を図るため?

 

日向坂46として、今後もさらなる活躍をしてくれることを期待しましょう!

 

トレンド
スポンサーリンク
【はこぺと!!】

コメント